就職活動の原則~僕らは「何」を企業に伝えなくてはいけないか~

就職活動の「原則」ということで「What to Say」(何を伝えるか)の視点から、僕が最大手広告会社や外資コンサルティングファーム、グローバルメーカーなど7社受けて6社内定を頂く中で得た知見をまとめてみました。

少なくともココを外さなければ、早い段階でわけもわからず落とされることはほとんどなくなるかな、と思います。決して就職活動の勝利(=内定獲得)は人生の勝利というわけにはいきませんが、ひとまず目先の不安を取り除くことで、自分が取るべき人生のスタンスについてより深く考える時間もとれる・・・ということもあるかもしれません(事実、僕自身は最終的にそれらの内定先への就職を選びませんでした)。

是非参考にしてください!

あなたが企業に伝えるべきたった一つのメッセージ

さて、いきなり「それっぽい」見出しで始めさせていただきましたが・・・結論から言います。

あなたが企業に伝えるべきたった一つのメッセージとは、「私には御社に"フィット"する"能力"がある」ということです。企業から見たあなたの貢献期待値は イコール「 能力 × フィット感」で表せます。これらは掛け算なので何も「能力」の絶対値が高い必要はありません。「フィットする能力」を示せるかどうかが試されています。まずはこれを覚えておきましょう。

次にこのメッセージをどのように伝えるべきか。大きく分けて、就活において聞かれることは2つしかありません。自己PR志望動機です。多くの場合、ESでも面接でもこれらが手を変え品を変え何度も聞かれています。

最初に述べた「 能力 × フィット感」を当てはめてみると、それぞれ・・・

  • 自己PR =「私には能力がある」

(私はこのような思考・行動特性に基づき、こんな能力を発揮し、こんな成果をあげることができますよー)

  • 志望動機 =「私は御社にフィットする」

(その能力は御社のこんな価値観のもとで発揮され、こんな業務に活かされますよー)

を伝えるものだと思ってください。

一つ目(自己PR)はなんとなく分かると思いますが、補足が必要なのは二つ目の「志望動機」だと思います。これ、自分視点で考えれば単なる「自分がその会社にいきたい理由」ですが、企業の視点から見てみるとまた違った側面が見えてきます。企業があなたを採用する理由は、あなたがその企業の利益拡大に貢献できるから。つまり正直「あなたがその会社にいきたい理由」自体はどうでもいいんです。

では、なぜ聞くのか。それはあなたの能力が発揮されるフィールドが自社にあるのかどうか面接担当者がイメージするためです。面接担当者は自社の事業内容や風土について思いを巡らせながら「この能力、うちで発揮されるかな」「どこの部署で発揮されるかな」ということを考えています。したがって、あなたが語る志望動機がその企業にフィットするものでないと、この関門を突破できません。

考えてみてください。「サークル代表として発揮したリーダーシップ」をアピールしたいあなたは、ゼミでも同じようにゼミ長をやっていましたか? あなたの能力が発揮されるフィールドは大抵の場合限定的です。能力とはある特定の条件下で発揮されるもの。それがフィットしているよ!ということを伝えるために「志望動機」があると考えてください。

以上を踏まえて。


でーん。

あなたと企業の「Matching」を構成要素に分解してみました。

まず、自己(=Me)の地平にはあなたの能力(Ability/Capability)が、企業(=You)の地平には企業の「Work/Culture」があります。あなたの持つ能力がその企業の価値観・業務の中にしっかりフィットするときに「Matching」が起こります。それでは一つ一つの要素について補足していきましょう。

■Me(自己)

  • Ability  :あなたが持つ具体的な経験・能力
  • Capability :その能力発揮の源泉・条件

■You(企業)

  • Work   :企業の具体的な業務内容
  • Culture  :企業の風土や価値観

「Ability」とは、決して「コミュニケーション力」「問題解決力」といったありがちな能力とは限りません。「組織全体を奮い立たせるコミュニケーションの力」と「個々人の不満を丁寧に一つ一つ和らげるコミュニケーションの力」は違いますし、「問題解決のために粘り強く思考する力」と「問題解決のために人を巻き込む力」もまた違います。

したがって、ここでは聞こえの良い言葉に惑わされず限定詞で括れるような自身のスタイルを選びとってください。また、更に重要なのが「Capability」。先ほどリーダーシップの例で話したように、その能力の発揮要因・条件、優位性の源泉のことです。あなたはなぜ「◯◯力」を発揮できるのか、どのような状況で発揮されるのか、或いはどのような思考特性をもって発揮するのかといった部分。「Ability」には具体性を求められる一方で、「Capability」はある程度の抽象度を保つことが重要です。

以上の要素についてそれぞれ思い当たる部分・考えうる部分を洗い出すのが、いわゆる自己分析と企業分析になるのではないでしょうか。そんなに難しいことではないので、自分の「好き・嫌い/得意・不得意」だけを大まかに把握したら、謎のワークシートはすぐに破り捨て、上記「Me」の2項目を埋めてましょう。

一方、より重要で差がついてしまうのが企業分析です。「この会社はこういうクライアント相手にこういうものを売っているから、こういう会社と競合することが多そうだ」「この事業の収益源を見るに、同じ営業と言えども継続顧客をつなぎとめるタイプよりも新規開拓ができるタイプが必要だろう」等のイメージをしっかり持ち、それに対して自分の経験・能力をフィットさせていかなくてはいけません。

ちなみに、これらは上場企業であれば企業HP内の「投資家向情報(IR情報)」から知ることができます。有価証券報告書等から、各事業部の売上構成、どの部門が増益・減益しているかを。また、中期経営計画等から重点化していきたい分野や今後の展望等を読み取ることができます。いや、「読み取る」なんてほど難しいものじゃありません。財務諸表を読める必要なんてなく、フツーに文章で「事業等の概要:◯◯が昨年比◯%減。原因は・・・にあると考えられる」って親切に書いてあります。こちらもIR情報に目を通すことができれば、謎の四季報や業界地図はすぐに破り捨ててしまって構いません。

プラスα

就職活動の全体観・考え方は以上の通りなのですが、ここで理解を深めるために一つのキーワードをあげさせて頂きます。

それは「再現可能性」。つまり、あなたの能力は自社の業務においても再現されるのか・・・。面接担当者にとってはそれが重要なんです。実は再現可能性には二つの段階があり、まず大前提として一つ目に「それホント?」というのがあります。「こいつ、問題解決力あるっていうけどホントかな」と。それを払拭するために私たちは「(より具体的な)エピソード」を用います。「こんなシーンでこんなことを考えて、◯◯したら、こういう結果になった!」的なやつ。「状況/思考⇒行動/結果」で1パッケージです。

また、面接担当者も頑張ってあなたの能力が発揮されるイメージを持とうとしてくれているかもしれませんが、どうせなら親切にこちらから自分の活躍シーンを「イメージ喚起」してあげましょう。サークルやバイトの話であれば、その組織の概要はもちろん、人数構成や男女比・年齢比、自身のポジションなどについて細かいことに触れながら語ってあげると良いでしょう。「居酒屋バイトなんですが、人数は全員合わせると40人くらいいるんです。下は高校生から・・上は45歳の方まで。そこで私はバイトリーダーをしておりまして・・・」みたいに。ちなみに、このテクニックはテレビで芸人さんがよく使います。「僕のおかんがね。よしこって言うんですけど、35で僕を産んだんでもう結構な年ですわ。で、おかんがねヨーグルト好きなんです。明治の、あのリンゴが入ってるやつでね・・・」的な語り口。こうして細かい情報を挟むとなんかイメージ沸きやすいですよね。

まとめーん


【演習】

あなたは、自己PRを通じて
A「私はこのような思考・行動特性に基づき、こんな能力を発揮し、こんな成果をあげることができます」
また、志望動機を通じて
B「その成果は御社のこんな価値観のもとで発揮され、こんな業務に活かされます」
ということを伝える必要があります。
1.指示語部分を自分なりに埋めてみよう。
2.Aについて具体的なエピソードで補強し、Bについて自分の活躍シーンを喚起させるに足る任意の企業の業務・風土を具体的に挙げてみよう



ご質問等はこちらまで。
http://www.facebook.com/t.inagi0527
メッセ頂ければご相談受け付けます! 模擬面接とかもしますよ。

t_inagiをフォローしましょう Follow me!